【自転車ダイエット】7月の走行距離と走ってみた感想

ダイエット

 

どうも、ウモゾンです。

ブログの更新が遅くなってしまいましたが、先月ぶんの走行距離を報告します。

果たしてウモゾンは

 

7月の走行距離

まずは結果から報告しておきましょう。

月間の走行距離、100kmを走破することができました。

 

 

6月と違って、今月は車でのスピード比較検証もしていません。

つまり純粋に自転車に乗ったデータを採取することができました。

 

データから見るに、ウモゾンの平均スピードは「時速14.46km」です。

実際これまでの傾向からいっても、「1時間くらい乗ろう」と思ったときにはだいたいこのくらいの距離を走っていました。

およそ7時間で100kmを達成した計算になり、データの「バイクタイム」でもかなり近い数値が示されています。

体感を交えての感想として、このアプリの信頼性は高いと思いました。

 

 

なんとかクリアした感じ

日別のログをみると走行日が月末に偏っているのがわかります。

 

 

今月も相当雨が多く、走りたくても走れない日がけっこうあったのです。

 

しかし前回のブログ記事で「月間100km達成」を宣言してしまったので、正直かなりあせっていました。

雨の予報だったとしても降っていないスキマ時間を狙った日もあれば、小雨程度なら思い切って走った日もありました。

そして運よく晴れた日には、なるべく距離を稼ぐべく、ちょっと無理をして20kmオーバーを走ったりもしました。

いわば、駆け込みでクリアした感じですね。

 

 

スケジューリングが上手くいけば楽勝

さきほども書いたように、スケジューリングは本当に大変でした。

「空模様」と「自分の予定」をかみ合わせることはなかなか難しい。

天気は仕方がないにしても、自分の予定をどう工面するかがカギだと思いました。

仕事のように公的な予定はどうしても外せないとして、プライベートでの過ごし方を考えなければなりません。

コロナ禍で交流の頻度は減ったにしても、「自転車に乗るため」にまとまった時間をとるのはかんたんではないのです。

 

今回採取したデータでもわかるとおり、単純計算で7時間ほど確保しなければなりません。

自分の生活からこの7時間を抽出し、それを「日常」とするまでには、まだもう少し工夫が必要だと思いました。

このスケジューリングさえ上手くいけば、月間100kmは楽勝です。

 

 

素晴らしき「適度な運動」

スケジューリングと相反するように、身体的にはあまり辛さを感じませんでした。

要因としては、不定期かつ細切れに走っていることが考えられるでしょう。

しかし自分で作った月末ラッシュの最中であっても、疲労の蓄積はなかったように思います。

 

なにより、自転車に乗って走っているときには気持ちがいい。

もちろん坂道などでは明確なツラさを感じますし、長く走ったときには太ももやお尻のあたりがパンパンになる感覚はあります。

けれども、それらを含めても爽快な気分になってました。

仕事で嫌なことがあったタイミングなどはむしろ、自転車に乗ることが良い感じのストレス発散になったように思います。

これが「適度な運動」ってやつでしょうね。

 

身体の負担が少なく、精神衛生的に良い影響を及ぼすのですから、本当にいい買い物をしたと思います。

 

 

来月も楽しみながら、健康を維持しようと思います。

ウモゾンでした。

 

 

 

コメント